アスコルビン酸の効果を効率よくゲットする極意

ビタミンCの化学名

効果・効能は

婦人

水溶性ビタミンの一種であるビタミンCは私たちが健康に生きていく上で必要不可欠な栄養素の一つで、実は化学名ではアスコルビン酸と呼ばれています。
あまり聞き馴染みのない言葉ですが、ペットボトルや紙パックに入って売られているお茶やジュースなどの多くの加工食品の食品成分表にはこのアスコルビン酸という文字がよく記載されていますが、この場合のアスコルビン酸は栄養摂取という目的ではなく主に酸化防止剤として食品が酸化するのを防ぐ為に使われている事がほとんどです。
主なアスコルビン酸の効果・効能はビタミンCと全く同じで抗酸化作用やコラーゲンの生成促進、美白・美肌効果、ストレス緩和、免疫力を高める効果などが期待されています。
寒い冬場にはコタツに入ってミカンを食べるのは昔からの定番ですが、これも一種、ビタミンCが豊富なミカンを食べる事で免疫力を高め、風邪予防の効果があります。
ビタミンCは体内で作り出す事が出来ないので毎日の食事や栄養補助食品であるサプリメントなどから摂取する必要があります。
一日の摂取量の目安は成人した男女で100mg、妊婦さんは110mg、授乳中の方は145mgと言われています。
一日の目安量を超えても取り過ぎた分は尿として体外に排出されていきますので健康上の心配は特にありませんが、サプリメントなどで一日に1000mgや2000mgも取ればその人の体質によっては下痢や吐き気などの副作用が出る場合もあるので、基本は目安量を参考にしながら摂取するようにしましょう。

水溶性のビタミンCです

レディ

アスコルビン酸は、水溶性のビタミンCのことで、人体には欠かせない成分になっていますが、水溶性なので、摂取してから時間が経過すると、汗や尿になって排出されてしまいます。
アスコルビン酸や緑黄色野菜や果物に豊富に含まれていますが、熱や水に弱い性質があるので、サプリメントを役立てるのもお勧めです。
優れた抗酸化作用があるため、美しい素肌や髪の毛を維持する働きがあるのはもちろん、細胞の新陳代謝を促進したり、体内のコラーゲンを生成する働きがあります。
一日に100?程度を摂取する必要がありますが、空腹時に過剰に摂取すると、下痢や吐き気の原因になる場合があるので、一度に多くは摂取しないほうが良いでしょう。
基本的には副作用の心配はなく、安全性に優れています。
美容効果が高いのが特徴ですが、毛細血管を柔軟に保ったり、生活習慣病の予防に役立てられるので、高い健康効果も期待できます。
アスコルビン酸は、歯茎からの出血を予防したり、日焼けによる色素沈着を防ぐ効果も期待できます。
数多くのお店でサプリメントが販売されているので、毎日適量の野菜を摂取するのが難しい場合は、アスコルビン酸を自宅に常備しておくと便利です。
中高年以降の人は、加齢と共にしみやそばかすなどの、色素沈着が見られるようになるので、年齢よりも老けた印象を与えてしまうので、悩んでいる人が少なくありません。
強い紫外線を浴びてしまった時は、アルコルビン酸を服用すると、しみやそばかすを防ぐ効果が期待できます。

有効性は違う

ウーマン

プロポリスはミツバチが集めた樹脂とミツバチの分泌物が混ざってできたものです。
強い殺菌作用や消毒作用があり、酸化防止や血液の浄化、免疫力の強化などが期待できるほか、抗がん作用も認められています。
プロポリスの歴史は古代エジプトまでさかのぼります。
ミイラの腐敗防止に使われていたとされています。
また、古代ギリシャやローマにおいては切り傷や皮膚疾患、感染症などの治療や予防に使用していたという記録が残っているそうです。
ミツバチはプロポリスを自分たちの巣の入り口に塗って隙間を埋めます。
これは、巣の中にほかの虫が侵入したり雑菌が入ったりしないようにするために巣を守っていると言われています。
プロポリスの主な成分は樹脂と蜜ろう、花粉、精油などですが、ほかにもアミノ酸やビタミン、ミネラルを含んでいます。
これらが作用することで抗菌、抗炎症、酸化防止、免疫力の強化などの効果が期待できます。
また、糖尿病や胃腸、循環器の障害などにも効果があるようです。
様々な効果が期待できるものであるため、健康食品として摂取することはおすすめだと言えます。
免疫力の強化は体を丈夫にするためにも非常に大切なこととなります。
そのため、日頃から健康維持、増進を意識している人にとってもプロポリスはおすすめとなるでしょう。
体のためには非常におすすめのプロポリスですが、その効き目はすべて同じではないとされています。
それは、ミツバチの行動範囲がそれぞれ異なるため、樹脂を集める樹木も異なります。
そのため、皮膚炎に非常に効き目があるものがあればないものもあるということになるからだと言われています。
従って、効き目がハチの行動範囲によって異なることを理解して確認した上で利用することがおすすめの利用法ともなるようです。